外出時の熱中症対策

外出時の熱中症対策

夏が近づいて気温と湿度が上がってくると熱中症の心配が出てきます。熱中症を予防するためのポイントは「環境」「体」「行動」だとされています。一般的な熱中症対策としては、水分と塩分の補給、暑さをしのぐための涼しい服装、日陰の利用・日傘や帽子の利用などで強い日差しを避けることなどが大切とされていますが、他にも有効な熱中症対策があります。


扇子や団扇を持ち歩く

外出先の環境によっては、日差しを避けることができなかったり、エアコンの設定温度が高すぎることもあって、うまく暑さがしのげないことがあります。そんな時は 扇子 や団扇を使ってあおぐことで暑さをしのぐことができます。お洒落な扇子もたくさんありますので、熱中症対策のマストアイテムとして扇子を1本持ち歩きましょう。

車の運転は車内の温度が下がってから

夏の車内は凄い温度になりますよね。そんな車内にいきなり入って運転を始めると、車内の温度が下がる前に熱中症の症状が出てしまうことがあります。車内が暑くなっていたら、ドアを開けて車内の熱気を逃したり、エアコンで車内の温度を下げてから運転を始めましょう。

水分と塩分を持ち歩く

熱中症予防には水分の補給が最も大切ですが、発汗によって失われた塩分の補給も大切です。外出先で手っ取り早く水分と塩分を補給するためには、ペットボトルの スポーツドリンク を持ち歩くといいでしょう。

↓ 熱中症予防に人気の宅配水はこれ!(クリック) ↓
人気のウォーターサーバーはこちら!