熱中症になった時の応急処置

ウォーターサーバーで熱中症予防ランキング > 熱中症になった時の応急処置

熱中症になった時の応急処置

熱中症が疑われる場合の応急処置について書いています。

 

意識がなければただちに救急車

意識がない場合は命にかかわる緊急事態なので、すぐに119番で救急車を呼びます。意識があっても、熱が高い、吐き気や嘔吐、自力で水分をとれない、立てない、言動がおかしいなどの場合も、その後に重篤化する可能性があるので119番で救急車の出動を要請した方がいいでしょう。特に、熱中症とくも膜下出血などの脳卒中は症状が似ている場合があるので要注意です!


涼しい場所に移動して体を冷やす

涼しい場所に移動して、衣服を緩めて風通しを良くし、体を冷やすのが熱中症の応急処置の基本です。もし準備出来るなら霧吹きで水を体に噴きかけて気化熱で体を冷やすのもいいでしょう。霧吹きが無い場合でも、水を口に含んで吹きかけてもいいでしょう。ただし、水のかけ過ぎには注意します。


水分と塩分の補給

熱中症対策は水分の補給が大切 意識がしっかりしていて自分で飲める場合は、経口補水液を飲ませます。無ければミネラルウォーターやスポーツドリンクでもかまいません。経口補水液は自分で作ることもできます。作り方は簡単。水1リットルに、塩3g(小さじ1/2)と砂糖20~40g(大さじ2~4)を混ぜるだけ。冷たい飲み物は体の中の熱を下げる効果もあるので、体温を下げる効果があります。むせたりしないように注意しながら飲み過ぎないようにします。


落ち着いたら病院に行く

応急処置で落ち着いたら、念の為に病院に行って医師の診察を受けましょう。

↓ 熱中症予防に人気の宅配水はこれ!(クリック) ↓
人気のウォーターサーバーはこちら!