熱中症になりやすい人の特徴

ウォーターサーバーで熱中症予防ランキング > 熱中症になりやすい人の特徴

熱中症になりやすい人の特徴

同じ環境にいても熱中症になる人とならない人がいることからも分かるように、それぞれの人の性別や年令や条件によって熱中症のなりやすさは変わってきます。

 

一般的に言って、次のような人たちは熱中症になりやすい傾向にあるようです。

 

乳幼児・小児

子ども 乳幼児や小児は、大人に比べて新陳代謝が活発で、体温も大人に比べて高くなっています。また、発汗作用による体温の調節機能も未発達の場合が多く、うまく体温を下げることができません。このため、子どもは大人に比べて熱中症になりやすいと言えます。しかも、小児の場合は大人に比べて動きが活発な場合が多く、初期の熱中症を見過ごしてしまいがち。重症化してから初めて熱中症に気がつく場合があるので、まわりの大人は、こまめに飲み物を飲ませるなど子どもの熱中症への警戒が重要です。


高齢者

高齢者 高齢者は、気温の変化を感じ取る感覚が若い時に比べて低下してきており、暑さに対する感覚も鈍ってきています。加齢に伴って体内の水分量も減少してきており、発汗作用による体温調節機能も低下してきています。このため、高齢者は熱中症になりやすいと言えます。また、高齢者の中には、尿失禁を嫌うあまり水分摂取を控える人もいます。このことが高齢者の熱中症の原因の一つにもなっているので、毎日意識して飲み物を飲むことが大切です。高齢者の中にはエアコンは体に悪いと思い込んでいる人も多いので、周りの人が注意して28度を目安としてエアコンを使い高齢者の熱中症を予防しましょう。


運動中の人

運動中の人 運動をすると全身の筋肉から熱が発生して体温が上昇します。この時に水分の補給を怠ると熱中症の危険性が高まります。熱中症は外気温の影響はもちろんですが、体内で発生する熱も熱中症の原因になることがあるので、そんなに暑くない時でも熱中症が起こりえます。運動をしている時は熱中症を予防するために、意識して飲み物を飲むことと適当なタイミングで休憩をすることが大切です。


屋外作業中の人

工事現場の人 屋外での作業中の人は運動中の場合と同様、体を動かすことによる発熱量が多く体温が上がりやすくなっています。また、ビル工事や道路工事など危険を伴うような屋外作業の場合、通気性が悪い作業服やヘルメットをしている場合が多く、このことで体に熱がこもりやすくなっています。屋外作業中の人は発汗量も多く、ただでさえ脱水症状になりやすい環境にいる訳です。熱中症予防のためには意識的な水分摂取や休憩がとても大切です。


肥満気味の人

肥満気味の親子 肥満気味の人は皮下脂肪や内臓脂肪が多く体内の熱が放熱しにくくなっていると言われています。このことにより、肥満気味の人は痩せている人に比べて熱中症になりやすくなっています。暑い時は無理をせずにエアコンを使い、また充分な量の水分を摂ることで熱中症を予防しましょう。


寝不足や空腹の時

寝不足で空腹の女性 体調によっても熱中症になったりならなかったりしますが、寝不足や空腹の時など体力が落ちている時は熱中症になりやすくなっているので注意が必要です。そのような時は休養と栄養を充分摂って熱中症を予防しましょう。


長風呂が好きな人

長風呂が習慣になっている人も、季節に関わらず熱中症に要注意です。実際に、12月に入浴中に熱中症になって溺死した高齢者の例も報告されています。熱中症予防のためには入浴前の水分摂取が大切であることはもちろん、あまり長風呂にならないように入浴時間もほどほどにしましょう。


↓ 熱中症予防に人気の宅配水はこれ!(クリック) ↓
人気のウォーターサーバーはこちら!