熱中症の予防方法

熱中症の予防方法

ミネラルウォーターを飲む女性 熱中症の発生件数は、気温と湿度が上がる6月下旬の梅雨の頃から多くなりはじめ、梅雨が開ける7月下旬から8月上旬にかけてピークになります。したがって、梅雨に入ったらそろそろ熱中症に対する備えをしておきましょう。ここでは、主な熱中症に対する予防方法を書いておきます。

 

良質な水分の摂取

発汗によって失った水分と塩分をこまめに補給します。特に、冷たい飲み物は体の中から体を冷やす意味もありますが、飲み過ぎには注意します。


暑さに慣れる

夏本番になる前に軽めの運動をすることで体を暑さに慣らしておましょう。また、エアコンの設定温度は28度にしておき、冷やし過ぎに注意します。


薄着と帽子

発汗による体温調節がやりやすいように、吸水性と速乾性の良い衣服を身に付けます。また、屋外では帽子を被って直射日光を遮りましょう。


睡眠

毎日充分な時間の睡眠をとり、疲れをためないようにしましょう。


栄養

熱中症予防のためには栄養のバランスのとれた食事にすることが大切です。特に、豚肉やレバー、にんにく、ピーマンなど、良質の蛋白質と野菜は欠かさず、嗜好品にはあまり頼らないようにしましょう。暑さであまり食べられない時は、消化の良いうどん、おにぎり、バナナなどがオススメです。


気温が高い時は運動を控える

湿度にかかわらず、気温が35度を超える猛暑日の時は運動を控えましょう。また、猛暑日ではなくても湿度が高い時も運動を控えた方がいいでしょう。


屋内に熱気や湿気がこもらないようにする

熱中症は屋内でも油断は禁物。カーテンで日光を遮ったり、通気を良くしたりして屋内に熱気や湿気がこもらないようにしましょう。また、30度を超えるような暑い時は無理をせずにエアコンで屋内を冷やします。


↓ 熱中症予防に人気の宅配水はこれ!(クリック) ↓
人気のウォーターサーバーはこちら!