脱水症状に気づく方法

脱水症状に気づく方法

熱中症は、重症化すると命を落とすこともある大変危険な症状です。熱中症の予防のためには何よりも水分の補給が大切ですが、そのためには自分が脱水状態に陥らないように注意することが重要です。


そこで、脱水状態に気づくためのポイントをまとめてみました。脱水症状からのサインを見逃さずに早め早めに水分補給を心がけることで、熱中症を予防することができます。


喉の乾き

喉の渇きを感じた時点で既に脱水症状は始まっています。喉が乾いてから水分を補給するのではなく、喉の乾きを感じる前に水分を補給することが大切です。


疲労感

体内の水分が不足すると血液の循環が悪くなり、細胞に酸素が行き渡りずらくなって疲労感を感じます。


便秘

腸に水分が行き渡らなくなると腸の働きが悪くなって便が硬くなり便秘になります。


肌の弾力性の低下

肌の比較的柔らかい部分を指で押してみて、肌の戻りが遅く弾力性が損なわれているなら、既に脱水症状がかなり進行している可能性があります。


↓ 熱中症予防に人気の宅配水はこれ!(クリック) ↓
人気のウォーターサーバーはこちら!